IE(インダストリアルエンジニアリング)


IE(インダストリアルエンジニアリング)と原価管理のお話です。

皆さんは、IEってご存知ですか?

IEとは、インダストリアルエンジニアリングと言います。

具体的には、人・機械・材料・方法・エネルギーを効率良く組み合わせて「安くモノづくりを行う」ことを実現するための技術を指します。

現場の業務改善の方法です。
  • レイアウト
  • 作業分析
  • 方法分析
  • 工程分析
  • 動作研究

などです。

かなり以前からある手法です。
これにより、日本の製造業は強くなりました。

IEを一番実践しているのが、自動車メーカーですね。

現場を改善するには、絶対に必要な知識です。

IEの中に「動作研究」があります。
「動作研究」で作業者の分析をおこないます。

工数を計算します。

作業者がある製品を何秒で作業するか測定します。
これが工数です。

当然、標準工数も作成します。
標準工数は、標準原価計算の労務費に使用されます。
とても重要な情報です。

IEは、標準工数と実際の工数を比較して、差異分析をおこない作業者の生産性の向上に生かしています。

IEは、製造のいろいろな知識が必要です。
標準原価計算の作成や原価差異分析、改善案などの作成などをおこなっている会社もあります。

トヨタのカンバン方式は、IEの技術のかたまりです。



[↑一番上へ]
[原価管理の知識(ホームへ)]
07:562502