原価とは


原価とは、何でしょうか。

原価管理や、原価計算をおこなうためには、まず原価というものを知っておく必要があります。

原価計算基準によると
「原価は、経営において作り出された一定の給付に転嫁される価値であり、その給付にかかわらせて、把握されたものである。」
と定義しています。

これもまたよくわかりませんね。

簡単な例で説明します。
コンビニで販売しているお弁当の原価について考えます。

お弁当を作るためには、

  1. おかずの材料
  2. お米
  3. お弁当の容器、箸
  4. 調味料

などの材料が必要です。
これが必要な材料費です。

次に、おかずを作るためのコンロや鍋、お米を炊くための炊飯器、ガス、電力などの設備が必要です。
設備費です。

そして、おかずを作ったり、ご飯をお弁当につめたりする人が必要です。
労務費です。

出来上がったお弁当をコンビニやスーパーへ輸送する経費が必要になります。
経費です。

このように、メーカーが商品を作るためには、材料費、設備費、労務費、経費などが必要になります。

商品を作るのにかかった費用のことを原価と呼んでいます。

商品を販売するときの売値、販売価格は、

売値 =原価 + 儲け(利益)

原価がわからなければ、いくらで、販売してよいのかわかりません。

利益を上げるにも、原価がわからなければ、原価を下げる対策を打つことはできません。

まず原価を理解する必要があります。



[↑一番上へ]
[原価管理の知識(ホームへ)]
09:392310