製造原価の構成


製造原価を考える場合、まず製造原価の構成を理解する必要があります。

製造原価は、大きく次の3つに分かれています。
  1. 材料費
  2. 労務費
  3. 経費
です。

そして、それぞれは、直接費と間接費に分けられます。
次のようになります。
  • 直接材料費、間接材料費
  • 直接労務費、間接労務費
  • 直接経費、間接経費

それぞれの内容を説明します。
  • 直接材料費
    製品に直接指標される材料の費用です。

  • 間接材料費
    例えば、潤滑油、塗料など、どの製品にどれだけ使ったか測定できない材料費です。

  • 直接労務費
    その製品を加工したり、組み立てを行う作業員の労務費です。

  • 間接労務費
    工場の生産管理、生産技術、品質管理などの製品に直接かかわらない作業員の労務費です。

  • 直接経費
    外注加工費など直接、製品にかかった経費です。

  • 間接経費
    工場の設備(減価償却費)や電力など製品に直接かかわらない経費です。

原価を把握する場合、上のような分類別に把握することが重要です。

分類別に費用を計算して原価を計算する必要があります。

この計算を原価計算と呼んでいます。



[↑一番上へ]
[原価管理の知識(ホームへ)]
09:392310