直接原価計算


実際原価計算、標準原価計算と並ぶ第3の原価計算に直接原価計算があります。

これは、財務会計の決算を作ることとは、関係ありませんが、とても大事な方法です。

採算性を見るには、非常に有効な方法です。

最近の会計ソフトでは、毎月の利益を確認するために直接原価計算の情報が確認できるものがあります。

これだと、簡単に毎月の利益の確認ができますので便利です。

今までの損益計算書と直接原価計算の比較を実際の例をあげて説明します。
当期と前期で比較します。

●前期と当期の販売数量と製造数量です。

項目 前期 当期
販売数量 1000個 1000個
製造数量 1000個 2000個
期末の完成品在庫数量 0 1000個

当期は、2000個製造しましたが、前期と同じように1000個、販売しました。
1000個は完成品の在庫になりました。

●次にかかった費用の内訳です。

項目 前期(万円) 当期(万円)
直接材料費  1000 2000
直接労務費 1000 2000
間接経費 2000 2000
合計 4000 6000

当期は、直接材料費と直接労務費は、2000個製造したので2倍になっています。

●1個あたりの原価を比較しましょう

項目 前期(万円) 当期(万円)
直接材料費  1 1
直接労務費 1 1
間接経費 2 1
合計 4 3

前期は、1000個の製造数量で割り、当期は2000個の製造数量で割りました。

その結果、当期の方が、原価は安くなっています。

●では次に、実際原価計算で損益計算書を作成します。

項目 前期 当期
販売数量(個) 1000 1000
販売価格(万円) 5 5
売上(万円) 5000 5000
売上原価 4000 3000
売上総利益 1000 2000
販売管理費 500 500
営業利益 500 1500

売上原価は、1個当たりの原価X販売数量を掛けています。

当期の方が1000万円儲かっています。
これは、良いことでしょうか?

●では、次に直接原価計算で計算します。

直接原価計算は、製造原価を変動費と固定費にわけます。
そして、製造原価のうち変動費だけを製品の原価として固定費は、発生した年度の期間利益とする方法です。
売上から変動費を引いたものは限界利益といいます。

項目 前期 当期
販売数量(個) 1000 1000
販売価格(万円) 5 5
売上(万円) 5000 5000


直接材料費 1000 1000
直接労務費 1000 1000
限界利益 3000 3000


間接経費 2000 2000
販売管理費 500 500
営業利益 500 500


これが、直接原価計算です。

あれ、営業利益が、同じになりました。

在庫を作っただけですから、利益は同じにならないとおかしいですよね。

損益計算書では、当期の方が利益がでていましたから喜んでいたらダメですね。

損益計算書では、見えなかったものが直接原価計算では、見えてきます。
経営管理に有効です。



[↑一番上へ]
[原価管理の知識(ホームへ)]
09:241310